message

HOME  >  当院について  >  ご挨拶

ご挨拶

ご挨拶

私たちの思い

地域の患者様を第一に考えて、
いつの時代にも「思いやりの心」を・・・

東生駒病院 院長 挨拶

当院は、昭和56年(1981年)に「すべては地域のみなさまに」を基本理念として開設されました。当初より総合的診療を提供する病院として患者様の健康生活へのサポートに努力してまいりました。平成20年(2008年)からは、回復期リハビリテーション病院、いわゆる“リハビリを専門とする病院”として生まれ変わりました。 リハビリテーションとは人間らしい「生活の営みに戻る」ことを意味しています。リハビリ治療は健康寿命に立ちはだかる脳卒中、脊髄損傷、骨折などの病気やケガに対する病気になったばかりの急性期治療が終了したあとも、身体の潜在能力を引き出し、機能障害を克服し、身体復帰、社会復帰、職業復帰を達成するために必要になります。 当院ではPT(理学療法士)、OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)、および地域医療連携室など様々な職種のスタッフがお互いの連携や協力のもとに効果的な治療を行い、出来るだけ早く自宅や地域に戻っていただくことを目標にしております。 当院は、奈良県下で最初の回復期リハビリテーション専門病院として職員一同、常に患者様の気持ちに寄り添いながら、質の高いリハビリ医療を提供し、今後も患者様のニーズに応えられるよう努めてゆく所存です。

医療法人社団 松下会
東生駒病院 院長 
花谷正和

東生駒病院 看護部長 挨拶

地域包括支援システムの中で、急性期の後方支援をする当院は、患者様・家族様の望む目標に向かってチームが一丸となり、期待にお答えできるように日々努めております。

患者様を24時間支援させていただく看護・介護に誇りをもち、患者様・家族様の思いを第一にする姿勢と行動を忘れずに 相互に感謝・感動の時を共に邁進しましょう。

医療法人社団 松下会
東生駒病院 看護部長 
橋本たまえ

診療科・部門一覧へ戻る